日本発の取引所トークン!

海外の大手仮想通貨取引所の取引所(独自)トークンではバイナンスが知名度や時価総額が1位であり、他でも取引高が多い取引所トークンが知名度や時価総額が高いのが特徴で、他には取引所(独自)トークンでありながら保有していると配当を出してくれる配当型トークンも有名です。

例としてはFTトークンやXEXトークンなどが日本国内では知名度があります。

過去に書いた取引所トークンや日本発の仮想通貨(暗号資産)に関する記事になります。

過去に書いた日本発の仮想通貨(暗号資産)に関する記事になります。...
過去に書いた日本発の仮想通貨(暗号資産)に関する記事になります。...
仮想通貨(暗号資産)の取引所や法整備は2017年までは日本は世界でも有数でしたが、今...

ザフト(ZAIFトークン)・企業が発行している独自トークンで、そのトークンをお金を使って購入することで企業を支援することの出来る株式のような仕組みになっていて、Zaifの運営会社が発行している株のような位置づけで、仮想通貨初心者からの人気が高かったがZaifはハッキングされてフィスコに買収されてしまいました。

フィスココイン(FISCO)・企業が発行している独自トークンで、そのトークンをお金を使って購入することで企業を支援することの出来る株式のような仕組みになっていて、株式会社フィスコが発行していて、株主優待と同じ役割でグループ会社で利用可能(ネクスグループの商品購入ページ、フィスコの商品購入ページ、カイカの商品購入ページ、ウェブトラベルの商品購入ページ)

ネクスコイン(NCXC)・カイカコイン(CICC)・2つのコインの発行元は株式会社フィスコの子会社であり、ネクスグループは通信デバイス、旅行サービス、介護支援、ロボット事業、農業ICTなど幅広い分野で展開している企業で、主に通信機器の製造や販売、ソフトウェア開発を行っていて、既にJASDAQに上場している有望な企業で、カイカは主にCOMSAトークンの開発参加及び、CMSトークンの発行と管理、イーサリアムを使用したプロジェクト開発を行っていて、こちらも既にJASDAQに上場している有望な企業でもあります。

キャッシュ(QASH)・LIQUID(リキッド)のサービス内で使われる手数料が安くなったり、
保有者にメリットのあるサービスを受けられる仕組みを持ち、高い流動性を持つ仮想通貨取引プラットフォームであり、ワールドブックという世界中の取引所に上場している仮想通貨の価格や注文情報を1つの画面で管理できるシステムで2019年に新QASHも発行予定であり、取引所の登録キャンペーンで利用されました。

海外の大手仮想通貨取引所に比べて知名度も時価総額も遥かに下ですが、今後2017年のようなブームが国内に起きた場合は化ける可能性もあります。

海外の暗号通貨取引所Sherolexがついに日本上陸!先行者利益を手に入れましょう!

登録はもちろん無料ですし、エアドロップもあり、登録する方には何1つ不利益はないので興味のある方はご確認下さい。