ビットコインや仮想通貨取引所であるFcoinも完全復活か!?

2017年のビットコインや仮想通貨(暗号通貨)バブルやブームの時に仮想通貨取引所内のみで使える取引所トークンもいくつも生まれました。

日本では当時はザイフトークンが有名でした。

取引所トークンも仮想通貨(暗号資産)バブルやブームに乗って価格が大きく上昇しましたが、2018年の相場が暴落した時は耐えていた時期もありましたが最終的には価格は暴落しました。

その2018年に新しく生まれたFcoinという仮想通貨取引所の取引所トークンであるFTトークンは配当型の取引所トークンとして新しい概念を仮想通貨(暗号資産)業界に生みだしました。

その結果としてFcoinと同じような仕組みの配当型の取引所トークンがある仮想通貨取引所が乱立する状況になりましたが、元祖であるFcoinも最初は数倍や数十倍の大暴騰しましたが、価格は下落していき気づいたら大暴落となってしましました。

その他の真似してできてきた取引所も同じような感じでその多くは調べてはいませんがほぼ消えたといってもいいかもしれません。

その失敗を参考にして生まれたのがクロスエクスチェンジという仮想通貨取引所であり、その配当型の取引所トークンがXEXトークンとなっていて2018年末くらいから日本でも話題になっています。

過去に書いたFcoinや配当型トークンに関する仮想通貨取引所情報について書いた記事になります。

1年前の2018年の今ぐらいにローンチされた仮想通貨取引所であるFCoin。...
2018年はビットコインなど仮想通貨(暗号資産)市場は長期下落局面で大暴落した1年と...
今年の5月くらいにベータ版として仮想通貨業界に彗星のようにでてきた仮想通貨取引所のF...

2019年に入って最高値で150円付近まで上昇したFcoinのFTトークンは1円前後まで暴落していて出来高も大きく減少していましたが、3ヶ月くらいで10円を超える上昇を出来高を伴って達成しました。

このFTトークンの上昇は他のF銘柄にも波及して、FIやFJといったトークンも大きく出来高を伴って上昇してきています。

また、火星財経が開催したPOW’ER 中国ブロックチェーン貢献者の年度大会では、FCoinの他にも候補としてBinanceやHuobi、OKexやZBなどもある中で、それらを抑えてFcoinが受賞したようです。

「最も影響力あるデジタル取引プラットフォーム2018」に選ばれたそうです。

Fcioinは誕生してまだ1年くらいで、栄枯盛衰がありましたが思い返すと、取引マイニング・資産透明化・収益の大部分を配当・IEOなど、後に多くの取引所が追従してきた概念を生み出してきたとのいえるかと思います。

このFcoinの完全復活か!?ともいえる状態にツイッターやテレグラムはピークの時には及ばないにしても再び盛り上がってきているみたいです。

2019年に入ってからは王道の取引所トークンでもあるバイナンスのBNB(バイナンス)トークンも大きく価格を上昇させていてビットコインや他のメジャーアルトコインよりも先に相場転換したような動きになっていますが、早くビットコインやメジャーアルトコインにもその流れがきてほしいですね。

海外の暗号通貨取引所Sherolexがついに日本上陸!先行者利益を手に入れましょう!

登録はもちろん無料ですし、エアドロップもあり、登録する方には何1つ不利益はないので興味のある方はご確認下さい。