ADA(エイダ)コインに大きな期待が!?

2017年の仮想通貨(暗号資産)のICOバブルの1つの成功例となったADA(エイダ)コイン。

このADA(エイダ)コインは日本では泉忠司氏が大々的なセールスを行い、上場も遅れたので詐欺という噂がありましたが、2017年の秋くらいに上場して、数ヶ月で最高で800倍以上の価格になりました。

当時は億り人というフレーズがメディアからもよく聞きましたが、最高値で売り抜けた人はリアルに億り人になった人が多いと思います。

このADA(エイダ)コインの成功例から泉忠司氏はその後も多くのICOを紹介しましたが、ほぼ全てが大暴落で多くの人に損失を出させました。

また、2017年後半から2018年には多くのインフルエンサーがICOや様々な仮想通貨(暗号資産)に関する商材を出しましたが、ほぼ全てで損失しか出していません。

今では泉忠司氏は訴えられていて裁判中。

他のインフルエンサーでは逮捕された人もいます。

ADA(エイダ)コインが悪いわけではありませんが、良くも悪くもこの成功が後に宣伝や参考例に使われて大きな問題が起きたのは間違いないと自分は思っています。

過去に書いたADA(エイダ)コインの様々な記事になります。

ビットコインが4月2日に急騰してから一気に仮想通貨(暗号資産)市場は相場転換した!よ...
純粋なエイダ長者に初めて会いました。まだ20代前半の若者でしたが...
2017年のビットコインや仮想通貨市場の大暴騰は最初の頃は中国人がメインで、半ば頃か...

そのADA(エイダ)コインが来年以降に大きな価格上昇への期待の声があります。

価格は最大の150円前後まで上がりましたが、今では5円前後になります。(ビットコインの下落から3円台への下落もあります。)

ですが、ICOでは1円以下での販売でしたので、ICO価格よりも上です。

ADA(エイダ)コインは仮想通貨(暗号資産)の格付けでは上位にランクされています。

また、予定よりもかなり遅れましたが、ステーキングが近づいています。

開発段階には5段階あり、ようやく第2段階になるという感じです。

ADA(エイダ)コインは壮大すぎる開発計画で、この壮大さが凄すぎて開発できるとは思わないから詐欺だ!みたいな声も聞いた事がありますが、逆に成功したら凄い事になる可能性もあるコインともいえます。

予定よりもかなり遅れていますが、開発はしっかりされているコインの1つになり、時価総額も10位前後とメジャーアルトコインの1つになっています。

また、最近では国内でステラがコインチェックに上場されましたが、このADA(エイダ)コインも上場する噂は前からありますし、上場してもおかしくはないと自分も思っています。

泉忠司がこのコインの成功の後にノアコインを大々的にセールスしましたが、ノアコインとは何から何まで根本的に違うことだけは間違いありません。

開発者の1人も来年以降は楽しみに!という発言もあるみたいなので、ビットコインの価格との関係性もあるとは思いますが、5円前後から50円くらいまでの上昇を期待したいです。

今年のセントラリティみたいな上昇を期待したいですね。

海外の暗号通貨取引所Sherolex(シェロレックス)がついに日本上陸!先行者利益を手に入れましょう!

登録はもちろん無料ですし、エアドロップもあり、登録する方には何1つ不利益はないので興味のある方はご確認下さい。