匿名性の高い仮想通貨

数多くある仮想通貨の中に匿名性の高い仮想通貨があります。

匿名性の仮想通貨で有名なのは、DASH(ダッシュ)・XMR(モネロ)・ZEC(ジーキャッシュ)・XVG(ヴァージ)などがあり、特にDASH(ダッシュ)・XMR(モネロ)・ZEC(ジーキャッシュ)に関しては国内のコインチェックにも上場していて売買できたので知っている人は多いと思います。

過去に書いた他のメジャーコインの記事の一覧になります。

https://sherolexagency.com/category/xrp/

https://sherolexagency.com/category/eth/

https://sherolexagency.com/category/bch/

https://sherolexagency.com/category/altcoin/

コインチェックは国内最大手の仮想通貨取引所の1つでしたが、金融庁から正式な免許がでなじで、みなし業者だったのはこの3つの匿名性の高い仮想通貨を取り扱っているからだといわれていました。(真実は不明ですが。)

匿名性の通貨を日本の金融庁が警戒する理由に脱税やマネーロンダリングなどの犯罪に使われる可能性があるからと言われています。

コインチェックのハッキング事件で流出したネムは、ダッシュを使ってマネーロンダリングしたという話もあります。

ビットコインの場合は、誰でも「送金元・送金先アドレス」と「数量」を知ることができ、送金の流れが分かります。(ビットコインでは、あくまでも「ウォレットアドレス」がバレるわけであり、「身元」がバレるわけではない。)

ですが、匿名性の高いコインは、送り手・受け手を匿名化した形で取引を行うことを可能とする仮想通貨のことで、自身の保有残高や取引記録が他人に知られることがなくプライバシーが保護され、また企業への決済に暗号通貨を用いる場合においても、個人情報の流出といった問題が起こりえますが、匿名性の高い仮想通貨の場合はそのような心配もありません。

マネックスに買収されたコインチェックは匿名性の高い仮想通貨の取り扱いをやめてしまい、金融庁からは警戒されているモネロやダッシュやジーキャッシュなどの仮想通貨は密かに時価総額が高いコインであり世界的に人気があるのも特徴になります。

日本国内で匿名性の高い仮想通貨が上場する可能性はほとんどないと思うので、投資をしたい人は海外の仮想通貨取引所を使う必要があります。

現金も匿名性が最も高い通貨ですが匿名性仮想通貨よりも移動は困難ですし、海外へ持ち運ぶ事が容易な匿名性の高い仮想通貨は現金よりも犯罪利用されやすいという考えに世界が至り禁止や規制をしてくる可能性はあるので情報をしっかり調べながら投資をする必要があると思います。

海外の暗号通貨取引所Sherolexがついに日本上陸!先行者利益を手に入れましょう!

登録はもちろん無料ですし、エアドロップもあり、登録する方には何1つ不利益はないので興味のある方はご確認下さい。