バンクエラはICO割れを回復できるか!?

2017年の仮想通貨ブームの時に話題になったICOでバンクエラがあります。

このバンクエラはブロックチェーン時代の銀行(次世代型の新しい銀行)を目指すという壮大なプロジェクトで、ICOの最終的な参加人数は世界で10万902人で当時のICOの中でも最大級で、ICOで約52億BNKが売れ、プレと合わせると約77億BNKが売れました。(保有しているだけでほぼ毎週イーサリアムが配当で貰えるという特徴がありました。)

ICO終了時で150億円くらいの資金調達額で、プレと合わせると160億くらいとなり、当時では世界のICOでの調達額ランキングで世界4位にランクインするという資金調達金額でした。

過去に書いたアルトコインに関する記事になります。

https://sherolexagency.com/category/altcoin/

https://sherolexagency.com/category/eth/

https://sherolexagency.com/category/bch/

https://sherolexagency.com/category/xrp/

2018年の2月で最後のICOでのセールが終わり、夏前にはHitBTCに上場しましたがインフルエンサーが紹介していたICOに比べたら遥かにマシですが地合いの悪さもあり価格は大きく下げてICO割れの仮想通貨の一覧に入る結果になっていました。

が、日本人だけをターゲットにしていたICOではなく、事業や開発も進んでいるのでロードマップにあったバンクエラの仮想通貨取引所の年内オープンの情報が出た時などは価格は反応したりしていて、ついに12月17日にはバンクエラの仮想通貨取引所がオープン(本格稼動は2019年1月)します。

この情報からビットコインを含む仮想通貨市場は暴落していますが、バンクエラはまだまだICO価格よりは下ですが、出来高を伴いながらの上昇をしてきているので、取引所スタートから仮想通貨市場の回復が期待できる2019年は楽しみな仮想通貨の1つで、ICO割れから復活できそうな仮想通貨の1つとしてバンクエラには注目しています。

他にもバンクエラは暗号通貨ローンも2019年前半にはくるような発言を公式チャットで見かけますし、次世代の銀行として様々なサービスを仕掛けてくると思います。

2018年は詐欺的なICOや日本国内ではインフルエンサーが拡散した大暴落ICOなどが多発してICOのイメージは大きく悪化しましたが、バンクエラは真面目にプロジェクトを進めているから長期で期待ができるコインの1つとも呼ばれています。

自分としては、2018年に期待されながらも地合いの悪さもあり大きくICO割れしたコインでもしっかり開発やプロジェクトをすすめると、ICO価格を回復してさらに上昇するコインの誕生は低迷するICO市場に光をさす可能性もあるので期待したいと思います。

海外の暗号通貨取引所Sherolexがついに日本上陸!先行者利益を手に入れましょう!

登録はもちろん無料ですし、エアドロップもあり、登録する方には何1つ不利益はないので興味のある方はご確認下さい。