取引所トークンとは!?

2017年の仮想通貨(暗号資産)ブームの時に一気に世界一の仮想通貨取引所に成長したバイナンス。

バイナンスはこの世に生まれてわずか数年ですが、少し前の売り上げでは調子の悪いとはいえドイツ銀行を既に超えて、アメリカのナスダックに迫る勢いで成長しています。

そのバイナンスは仮想通貨取引所としていくつもの画期的なアイデアやサービスをこの世に出すことで仮想通貨(暗号資産)市場の拡大や業界の成長を引っ張ってきましたがその内の1つが取引所トークンと呼ばれるトークンでバイナンスではバイナンス(BNB)コインだと思います。

今では取引所トークンも色々と進化して配当型トークンなども生まれましたが2017年当時は非常に珍しかったのですが、バイナンスコインの成功を見て他の大手仮想通貨取引所も取引所トークンを発行するようになり、また価格も上昇したのもあり1つのブームともなりました。

過去に書いた取引所トークンやアルトコインについて書いた記事になります。

2018年に入って、イーサリアムを超えるかもしれないと話題になっている仮想通貨EOS...
仮想通貨の1つであるLISK(リスク)名前がリスクと色々考えさせられますが、日本人に...
仮想通貨取引所Sherolexから取引所トークンであるシェロレックストークン(SRX...

世界一の取引所であるバイナンスが発行するBNBトークンが最も有名ですが、発行時から最高値で200倍も価格が上昇していて、取引所トークンの特徴は買い戻しや定期的なバーン(焼却)などもあり、その取引所が注目されて利用者が増えたり取引所の規模が大きく信用が増せば取引所トークンの価格が高騰する可能性が増えます。

有名なのは、BINANCE(BNB)トークン・Huobi(HT)トークン・OKEx(OKB)トークン・QUOINEX(QASH)トークン・Bibox(BIX)トークン・Fcoin(FT)トークン・BKEX(BKK)トークン・CoinEx(CET)・トークンKuCoin(KCS)トークンなので日本の取引所でも発行している取引所はあります。

保有するメリットとしては取引所により違いますが手数料が安くなるや配当が貰えるや運営の何かしらのキャンペーンなどへの投票権がもらえたりします。

デメリットとしては取引所が潰れたりハッキングなどの不祥事が起きたら無価値になったり暴落したりする可能性があったり、配当型の場合は暴騰からの暴落のチャートを描く可能性があり注意が必要になります。

大手仮想通貨取引所のトークンは暴落時にもビットコインや他のアルトコインに比べて暴落率が低く安定している時もあり、2018年の暴落時にはBNBトークンは強い動きを見せました。

取引所によって様々なメリットがある取引所トークンも色々と調べて投資をしてみても面白いコインの1つだと自分は思います。

海外の暗号通貨取引所Sherolexがついに日本上陸!先行者利益を手に入れましょう!

登録はもちろん無料ですし、エアドロップもあり、登録する方には何1つ不利益はないので興味のある方はご確認下さい。