マイニングとは?

仮想通貨に投資をするなら基本だけでもしっておく必要があるマイニング。

https://kotobank.jp/word/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0-1721743

このような感じですが、なるべく分かりやすく簡単に説明したいと思います。

法定通貨であれば、銀行が取引の承認を行いますが、ブロックチェーンではマイナーと呼ばれる人(コンピューター)が承認を行います。

銀行のような第三者が仲介しないと勝手に取引情報を作成して不正にデータを作成することが可能に思えるが、それを防止するために、承認という作業が行われなければ、取引が成立したとは認められません。

さらに、マイナーが承認したものを他のマイナーが確認した場合のみ取引が成立し、ブロックチェーンに取引情報が書き込まれる仕組みとなっています。

マイニング市場は今のところ中国勢の独壇場で、日本企業の発言力はないに等しいが、「技術では負けない」と中国の牙城を揺さぶろうとしています。

中国勢によるマイニングの割合は、拠点がわかっているだけでも全体の5割を超える。最大手のビットメイングループは極めて存在感が高く、8月にビットコインがビットコインとビットコインキャッシュに分裂した際には主導的な役割を果たした。

日本企業で、戦いを挑むのはDMM.comやGMOインターネット、SBIホールディングスといった日本ではおなじみの金融・ネット関連企業。

DMMではイーサリアムなどのアルトコインも積極的にマイニングする方針で、半面、GMOはまずビットコインのマイニングを強化し、ビットコイン・キャッシュのマイニングを開始しているSBIとの間でうまく「住み分け」が成立する。

マイニングには設備投資と膨大な電気代が必要になります。

上記のように中国(特に内モンゴル)が電気代が安くマイニング工場が多数ありましたが、中国政府の規制や電気を使いすぎなどの問題から中国の隣で、中国よりも電気代の安いモンゴルに移動しつつあるという情報もあります。

日本からもモンゴルにマイニングで進出しているみたいですが、規模が大きいのはやはり中国からの業者との情報です。

個人でマイニングをしたり、ネットワークビジネスモデルのビットクラブというマイニング業者など徐々にマイニングに対する知識も浸透しつつあるとは思います。

マイニングは設備投資や電気代から損益分岐点があると言われていてビットコインでは、!BTC5000ドル以下、4000ドル以下、3000ドル以下など正確な価格は分かりませんが、ある程度の価格を下回ると利益でなく、損失が出るようになるのでマイニングをしているマイナーが買い支えをしているという話もありますし、最近の暴落からマイニングから撤退している業者もあると聞きます。

マイニングに関しても仮想通貨と同じで規制がゆるい国と厳しい国があります。

が、日本の大企業もマイニング事業に参入しているというのは将来的に大きな利益が出ると思っているからなのは間違いないので、仮想通貨の未来も明るいと思います。

海外の暗号通貨取引所Sherolexがついに日本上陸!先行者利益を手に入れましょう!

登録はもちろん無料ですし、エアドロップもあり、登録する方には何1つ不利益はないので興味のある方はご確認下さい。