仮想通貨(暗号資産)業界のあるある!?

自分が仮想通貨(暗号資産)に投資をしたのは2017年の5月半ばでした。

最初はコインチェックで口座開設したので、コインチェックのチャットで情報を得ようとしたりもしましたが、当初は全くこの業界の用語が分からず、様々なググッたりしたのを今でも覚えています。

株式投資などの経験はありましたが、ムーンやアルトコインやステーブルコインやICOや他にも初歩的な業界用語の多くが分かりませんでした。

他にも当時から仮想通貨(暗号資産)あるある!?みたいな話題などもありました。

2017年当時と現在では仮想通貨(暗号資産)に対する熱や期待や参加人数に差があるので、当時はあるあるでも現在は違うというのもあるとは思いますが。

当時は価格が上昇していた時なので価格に対してのあるあるも多くあり、リップルが上げたらステラが上がる。

ビットコインが上げたらライトコインが上がる。

イーサリアムが上げたらイーサリアムクラシックが上がる。

リスクがいきなりムーンしたらすぐにガラがくる。

などなど他にも多くの仮想通貨(暗号資産)あるあるがあって語られていました。

過去に書いた仮想通貨(暗号資産)業界に関する様々な基本的な内容の記事になります。

投資の世界では株式にもFXにも先物にも様々な専門用語がありますが、仮想通貨にも独特な...
どんな投資商品にもいえることですが、投資をするなら自分なりのルールを決める事が大事に...
株式市場には新規上場する場合はIPOと呼ばれますが、仮想通貨では同じような仕組みでI...

当時からいわれている1つの取引所のハッキング事件の後は買いである!と言う事。

さすがにコインチェックの500億以上のハッキング事件は凄いニュースとなり、話題性もあったので違いましたが、2017年当時にも海外でハッキング事件はありましたが、発表後は価格を下げても翌日には回復する。

ようは、ハッキングで価格が下がった時は買いのチャンス!となるのです。(特に短期の場合)

2018年にもザイフやバイナンスがコインチェックに比べたら額は小さいですがハッキングされましたが、最初はビットコインなどの価格は急落しましたがすぐに回復。

しかも短期的に上昇相場になって相場転換した事もあります。

今回は韓国のUpbitが、ハッキングされて発表直後は価格を下げましたがすぐに回復。

ビットコインは価格を大きく下げていたのもありチャート形が逆三尊みたいな形にあり、7,400ドルも突破したので成立したのか!?

成立したなら相場転換で上昇していく!?という声も聞かれます。

こういったあるあるは色々とありますが、100%そうなるとは限らないので、あるあるが起きそうな時にはどうするか!?

人それぞれの判断になりますね。

海外の暗号通貨取引所Sherolex(シェロレックス)がついに日本上陸!先行者利益を手に入れましょう!

登録はもちろん無料ですし、エアドロップもあり、登録する方には何1つ不利益はないので興味のある方はご確認下さい。