ビットコイン決済の現状

ビットコインや仮想通貨は既存の国や中央銀行などに管理されている紙幣などではなく、誰にも管理されていない新しいお金という概念がありますが、現在はお金として実社会で支払いや決済で使うよりも投機や投資というお金儲けの方に使われているという側面の方が強いですが、ビットコインを中心にメジャーアルトコインでも支払いや決済が可能な店舗が増えてきています。

初めてビットコイン決済が行われたのは、2010年5月22日でプログラマーが1万ビットコインをパパ・ジョンズの2枚のピザと交換したのが最初と言われていて、毎年5月22日は世界中の仮想通貨愛好家たちはお祝いをしています。

過去に書いた国内の仮想通貨に関する情報の記事になります。

楽天が、みんなのビットコインを2億6500万円で買収して仮想通貨業界に参入。...
世界一の仮想通貨取引所バイナンスの利益がナスダックに肉薄。そしてドイツ銀行超...

現在では、ついにブラジル人のプログラマーがビットコインを使ってコーラの購入ができる自動販売機を開発しました。

ライトニングネットワークを使用することによって、従来のビットコイン決済の最大の問題点である「決済処理時間」の短縮に成功して、開発されたコーラの自販機は、受信機のビットコインウォレットのQRコードを備えたシンプルなデザインとの事です。

日本国内でも大手企業がビットコイン決済を導入するようになり、有名なのは家電量販店のビックカメラやヤマダ電機や旅行代理店のHISや小売のメガネスーパーなどがあります。

ビットコイン決済が可能なオンラインサービスもあり、DMM.comやTouch mallやビットコインモールなどがあり、他にも年末年始にビットコインや仮想通貨関連のメディアの特集でよく使われたネムバーなどもあります。

国内でも5万店舗以上でビットコイン決済が可能になっていてその数は増加しています。

またビットコイン日本語情報サイトというのもあります。

https://jpbitcoin.com/shops

ビットコイン決済ができる店舗を探している人はCoinMapというサイトを利用するのもオススメです。

https://coinmap.org/welcome/

仮想通貨での決済を行う時の基本は、大前提としてその店舗が提携しているウォレットを自分が所有している必要があり、ビックカメラの場合はビットフライヤーと提携しているので、購入者はビットフライヤーのウォレットを使用する必要があり、ウォレットには決済額を補うだけのビットコインが必要になります。

ビットコインや仮想通貨での決済には両替が必要なく世界中で使えるメリットはありますが、デメリットとして相場の変動が大きいと言う事があります。

ですが、相場の変動(ボラ)は市場規模が大きくなり、成熟してきたら小さくなると思うのとビットコイン決済が拡大していっている事やキャッシュレス社会の到来などビットコインや仮想通貨での決済は増えていくと自分は思います。

海外の暗号通貨取引所Sherolexがついに日本上陸!先行者利益を手に入れましょう!

登録はもちろん無料ですし、エアドロップもあり、登録する方には何1つ不利益はないので興味のある方はご確認下さい。