迷惑でしかなかったビットコインキャッシュのハードフォーク

11月半ばのビットコインの暴落からいまだに上昇していくような流れにならないどころか、まだセリクラがきていないのでは!?と更なる暴落を予想する声もありますが、底打ちをしたのか!?昨日、今日と市場は全面高の状況でもあります。

とにかくビットコインや仮想通貨市場の冷え込みは酷い状況ですが、その原因の1つを作ったビットコインキャッシュのハードフォークの混乱からビットコインキャッシュは、ビットコインABCとビットコインSVに分裂しましたが、それだけではなくハッシュ戦争がおきて、ビットコインSVを押していたクレイグ氏の様々な暴言などもあり仮想通貨業界全てに迷惑をかけてようやく一段落ついてはいますが、ハッシュ戦争はまだ完全には終わってはいません。

とにかく、全く仮想通貨市場が上昇する事はなく、ビットコインキャッシュはハードフォーク前の価格から分裂したABCとSVの2つのコインの価格を足しても大きくマイナスとなっていて現在は何もいい事は起きず、迷惑以外の言葉は全く見つからない状況です。

過去に書いたビットコインキャッシュやメジャーアルトコインに関する記事になります。

2017年はビットコインよりも素晴らしいパフォーマンスを記録したのはアルトコインで特...
今回のビットコインキャッシュのハードフォークでは、ビットコインのハードフォークで誕生...
ビットコインキャッシュは泥沼の子供の喧嘩のまま16日の深夜にハードフォーク(分裂)し...

海外のバイナンスなどの仮想通貨取引所はこの分裂に関してもすぐに対応をしてビットコインキャッシュから分裂したビットコインABCとビットコインSVの2つのコインの付与がありましたが、日本国内の取引所では当然ですが付与された取引所はなく、基本的には、ビットコイン ABCが、ビットコインキャッシュ(BCH)ティッカーシンボルを継承することになるとされているのでビットコインSVは付与されないと思うので、日本国内の取引所しか使っていなかった保有者はさらに大きな損失を現在はこうむっています。

そのような状況でもビットコインの神と呼ばれ、ビットコインキャッシュを一押ししてきて、今回の騒動ではビットコインABCを支持していたロジャー・バー氏は以前から仮想通貨に対して強気な態度を持っている姿勢と「ビットコインキャッシュが本当のビットコイン」と発言する事で一般的に認知されていますが、今の苦しい状況でも、依然として仮想通貨に対する明るい展望は崩れていないようでこのような最新の発言があります。

「私はファンダメンタルズを見るタイプだが、長期的な将来は今までにないほど明るい。仮想通貨の認知度、採用、そして世界レベルでの発展はこれまでに以上に進んでいる。私は仮想通貨、特にビットコインキャッシュに関しては強気です。」

またハッキング被害に関しても仮想通貨の認知度を高めるだけで、大手企業が仮想通貨業界に参入して、しかもハッカーが盗む程の価値があるという事だと仮想通貨の価値はこのような事からもあるのが証明できると発言しています。

自分としては、年末に向けて更なる暴落が起きる可能性はあるとは思いますが、2019年には相場転換して2020年のビットコインの半減期には大きな期待しています。

海外の暗号通貨取引所Sherolexがついに日本上陸!先行者利益を手に入れましょう!

登録はもちろん無料ですし、エアドロップもあり、登録する方には何1つ不利益はないので興味のある方はご確認下さい。