FiFiCという歩けば仮想通貨(暗号資産)が貰えるアプリ。

仮想通貨(暗号資産)のバブルは大きく弾けて、数々の取引所がハッキングされたりと2018年はこの業界は非常に厳しい1年となってしまいました。

そんな状況ですが、アメリカや欧州やハッキング事件が相次いだ日本や韓国でもある意味無法地帯だったこの業界を規制という名の法整備やルール整備をしつつあり、今年や2020年や将来的に期待を持つ事ができる感じにはなりつつあります。

将来的な期待はできますが、既に2000近いコインや今後もICOやSTOで新しく出てくるだろうコインも多数あると思いますが、生き残って本当に将来的に期待できるコインの数は少ないとは思います。

確かに投資をしたコインの価格は大事かもしれませんが、最近ではブログを書いたら投げNEMがあるかもしれないnemlogというサービスやスレを立てたらイーサリアムがもらえるイースボードという楽しみながらリスクもなく仮想通貨(暗号資産)にふれたり保有したりできるサービスが生まれてきました。

過去に書いた仮想通貨(暗号通貨)をもらえたりするサービスの記事になります。

nem logとはブログを書いたら仮想通貨NEMが投げNEMで貰えるかもしれないでき...
数年前から有名になったユーチューブで動画配信してお金を儲けるのが仕事であるユーチュー...
株式会社MidFreeは、画期的なサービスとして投稿すると閲覧数やいいねに応じて仮想...

そして2019年に入り、健康促進ができながら仮想通貨(暗号資産)がもらえるサービスであるFiFiCが誕生しました。

ブロックチェーン開発などを手がける日本拠点の企業『Opening Line(オープニングライン)』が開発・運営しているようです。

FiFiCは位置情報を利用したゲーム感覚で遊べる健康促進アプリで、プレイヤーは歩いたぶんだけトークンを獲得することができ、例えば目標歩数を達成したり、マップ上のスポットまで到達することでもトークンを獲得でき、Niantic社の運営するポケモンGOと同様のゲーム性だが、FiFiCは歩くことによる健康促進に焦点を当てているとの事。

https://itunes.apple.com/jp/app/fific/id1436868345?mt=8

ツイッターでも徐々に話題になりつつあります。

NEMで発行されたモザイクを使ったアプリで、今の所、FiFiCコインと宮古島の地域通貨マリンコインを導入しているそうで、コインはクーポン券のように扱いで加盟店のQRコードをアプリで読み込むだけで交換できるとの事です。

仮想通貨(暗号資産)相場も業界も厳しいのが現状だと思いますが、ブログを書いたり、スレを書いたり、歩いたりするだけで仮想通貨(暗号資産)にふれる事ができるようなこのようなサービスが増えて話題になれば新規で投資をしようという人も増えると思うので非常にいい事だと思います。

海外の暗号通貨取引所Sherolexがついに日本上陸!先行者利益を手に入れましょう!

登録はもちろん無料ですし、エアドロップもあり、登録する方には何1つ不利益はないので興味のある方はご確認下さい。