仮想通貨取引所Bakktの動きやGoogleトレンドでの検索数の増加!

仮想通貨(暗号資産)が暴落していた2018年の最高のファンダ情報とも言われたのは仮想通貨取引所Bakktが2018年末にはオープン予定との発表とも言われました。

この仮想通貨取引所であるBakktは、ニューヨーク証券取引所の親会社であるICE(インターコンチネンタルエクスチェンジ)が運営すると言う事が大きな注目でしたが、オープンは延期に延期を重ねて今では2019年後半となっています。

色々な理由を述べていますが、予想外に相場が低迷した事が大きな要因だとは思いますが、さすがに今年の後半には相場転換していると予想しているのでしょうし、オープン前に色々と仕掛けて仮想通貨(暗号資産)への興味付けをする事も考えたのだと思います。

興味付けの1つとして、既に2000以上ある仮想通貨(暗号資産)の中で分析して情報を配信していく58種類を発表し、この58種類の仮想通貨はICE Data Feedのページで今後価格データを含めた情報が随時提供されていくようです。

ちなみにこちらになります。

https://www.theice.com/market-data/cryptocurrency_data_feed?videoId=6008343390001

このBakktデジタル資産プラットフォームは信頼性が高く、機関投資家へのアピールとなるサービスになる事で機関投資家の資金流入に繋がる事を自分は期待します。

過去に書いたBakkt情報や海外の仮想通貨取引所情報やこの業界に関するソーシャルメディア情報になります。

仮想通貨(暗号資産)市場が低迷していた2018年の夏頃に年末の希望の1つとして201...
日本国内ではコインチェックのハッキング事件とザイフのハッキング事件と2つの仮想通貨取...
日本では2017年は仮想通貨元年と呼ばれて、ビットコインを含むメジャーなアル...

また、ビットコインやアルトコインの価格に影響があるのでは!?とハッシュレートの増減や出来高の推移や大口(クジラ)と呼ばれる人達に動きもありますが、他にもソーシャルメディアというかGoogleトレンドでの検索数の増減も影響があると言われています。

ビットコインのハッシュレートは回復してきていて、Googleトレンドでの検索数も増えてきているという情報はありましたが、最近ではビットコイン以外のメジャーアルトコインの検索数も大幅に増えてきているという事もわかってきました。

相場が下がり続けていて多くの人が損切りなどをして仮想通貨(暗号資産)市場から去っていき閑散としていたのが、そろそろ底では!?相場転換するのでは!?さすがに下がりすぎで安いだろう!?と去っていった人や新規の人が調べている可能性が高いと思います。

こういった人達が再び資金を仮想通貨(暗号資産)市場に入れてきてくれると価格は回復してくるという期待ができます。

仮想通貨(暗号資産)の春は近いと自分が思う根拠の1つになります。

海外の暗号通貨取引所Sherolex(シェロレックス)がついに日本上陸!先行者利益を手に入れましょう!

登録はもちろん無料ですし、エアドロップもあり、登録する方には何1つ不利益はないので興味のある方はご確認下さい。