フィデリティがビットコインのマイニングに参入!

2017年のビットコインや仮想通貨(暗号資産)の上昇期に注目されたビジネスにマイニングがありました。

個人でマイニングする人もいたり、最近はどうなったのか!?分かりませんがビットクラブというビットコインのマイニングのMLMも流行していました。

が、2018年の暴落時には中国などでマイニング機材を大量に破棄したり、中古で売却したり、マイニングすればするほど赤字になるくらいの状況にもなった時期があります。

日本国内でもGMOやDMMやSBIなども参入したと思いますが、大赤字を出した企業もあったような覚えがあります。

ですが、2019年に入りビットコイン価格が回復してくると少しづつですがマイニングに注目が集まるようになってきました。

過去に書いたマイニングや仮想通貨(暗号資産)に関する様々な情報になります。

「仮想通貨なんて怪しいもの絶対使わない」「流行るわけがない」って言う人はまだまだたく...
仮想通貨に投資をするなら基本だけでもしっておく必要があるマイニング。...
2018年はビットコインや仮想通貨(暗号資産)市場は1年をかけての長期下落相場にはな...

2018年の暴落時も日本を含めて欧米でも様々な大企業や仮想通貨取引所を中心に大企業や大手金融機関がこの業界に参入表明や参入してきました。

参入表明していた企業は2019年も半分以上が過ぎましたが次々と参入してきています。

その中で、アメリカの大手資産運用企業「フィデリティ」が新にビットコインマイニングプールへの参加を表明して、本格的にマイニング事業に参入する可能性が見えてきました。

ちなみに、フィデリティは既に仮想通貨関連企業「Fidelity Digital Asset Services」の設立を発表し、現在ビットコインのカストディサービスを一部の適格・機関投資家に向けて提供しています。

過去にマイニングもやっていたとは言っていましたが、今回は規模が大きくなり、あくまでも出資側ではなく、マイニングプールの利用側に回ることを意味しています。

また、カストディサービス大手のアメリカのBitGoが、日本での業務拡大を計画していることも分かりました。

BitGoは、既に1年前に日本への参入を開始しています。

ビットコインに関しては、今年に入って一強のように価格を上昇させて、アメリカの大統領であるトランプ大統領も言及したり、アメリカ議会やG20などでも言及されるくらいまで良くも悪くも影響力を拡大させてきました。

ここまできたビットコインがこの世からなくなる可能性は低いと思いますし、どちらかといえば今後も大企業が参入してくる可能性が高いので中長期的には楽しみだと思います。

海外の暗号通貨取引所Sherolex(シェロレックス)がついに日本上陸!先行者利益を手に入れましょう!

登録はもちろん無料ですし、エアドロップもあり、登録する方には何1つ不利益はないので興味のある方はご確認下さい。