バイナンスの独自通貨ヴィーナス!

今年に入ってビットコインの価格は大きく上昇しました。

6月末には日本円では150万円まで上がりましたが、その1つの要因になったといわれるのがフェイスブック社の発表した仮想通貨(暗号資産)リブラの報道もあるかと思います。

ですが、フェイスブック社のリブラはアメリカの議員や議会だけでなく、欧州の議員や他にも様々な団体などから懸念の声があり、公聴会などでもかなりの不信感などが追及されました。

結果的に150万円まで一気に上昇したビットコインの調整(下落)理由の1つにもなってしまいました。

このような状況下で、世界一の仮想通貨取引所であるバイナンスがフェイスブック社の仮想通貨であるリブラに類似した独自の地域版仮想通貨『ヴィーナス(Venus)』を発表して、世界各国の政府および企業の協力を呼びかけました。

過去に書いた世界一になった仮想通貨取引所であるバイナンスの様々な情報になります。

日本国内でビットポイントがハッキング事件を起こしている中、世界一の仮想通貨取引所であ...
世界一の仮想通貨取引所であるバイナンス(Binance)の新規トークン(ICO)の売...
コインマーケットキャップに登録されている仮想通貨(暗号資産)取引所は今や200社を超...

リブラの公聴会で「我々がやらなくても他の国が先んじる可能性がある」と語っていたことが現実になりそうなニュースですが、アメリカや欧州があれこれしている間にバイナンスや中国が先に動いていく流れかもしれませんね。

バイナンスは、今回発表した仮想通貨を独自地域版のリブラと称しており、リブラに類似していることを示唆していて、公式発表によると、バイナンスの『ヴィーナス』プロジェクトは、「各国における法定通貨にペグする地域のステーブルコイン」を開発するとの事です。

世界経済においても無視できない存在になると危険視されているフェイスブック社のリブラ。

地域にフォーカスしたバイナンスのヴィーナス。

日本からも何かしら出てこないのか!?との思いますが、、、、。

バイナンス側は、『ヴィーナス』の技術を提供する。そして、「政府、企業や機関、組織などをプロジェクトの協力対象として、「オープンな連盟生態共同体」を構築することを掲げていて、この辺りもリブラに似ています。

現在はホワイトペーパーはまだ発表されていないので今後の続報は楽しみでもありますが、発表があった時はBNBトークンは上昇しました。

また、リブラと同じように様々な問題が指摘されてなかなか開発が進まない可能性もあります。

海外の暗号通貨取引所Sherolex(シェロレックス)がついに日本上陸!先行者利益を手に入れましょう!

登録はもちろん無料ですし、エアドロップもあり、登録する方には何1つ不利益はないので興味のある方はご確認下さい。