仮想通貨のインフルエンサーには気をつけよう!

2000年前後にIT革命と呼ばれてインターネットが世の中に登場しました。

インターネットが当たり前のようになり、インフラ化した今から考えるとありえないと思う人もいると思いますが、当時はあやしい!虚像!詐欺!みたいな見方もあり、日本ではホリエモンが良くも悪くもメディアに登場して賛否両論がありました。

その時期に日本でもアメリカでもITバブルが起きて弾けましたが、アメリカではアマゾンやアップルやグーグルやフェイスブックなどの企業が生まれて、日本でも楽天、ZOZOTAWN、ミクシーなどの企業が生まれて、金融面でもFXなどネットで取引できるようになりました。

それが今では金融(ファイナンス)とIT(テクノロジー)の2つを併せた造語でフィンテックと呼ばれる言葉が生まれて、フィンテック関連企業やブロックチェーン関連企業のブームが起きて、ビットコインや仮想通貨関連企業も生まれました。

そして今ではインターネットを使って昔では考えられない職業や仕事があります。

その中の1つがインフルエンサーと呼ばれる人達で、ブログやインスタグラムやフェイスブックやユーチューブやツイッターなどのSNS(ソーシャルメディア)で独自メディアを作り、読者や登録者が数万や数十万や週百万などいて1つの投稿で多くの人に拡散や影響力のある人の事で、アフィリエイトだけでなく、企業からも広告・宣伝を依頼される人達の事で、有名で話題なのはユーチューバーかと思います。

過去に書いたSNSでの仮想通貨に関する記事です。

日本では2017年は仮想通貨元年と呼ばれて、ビットコインを含むメジャーなアル...

多くのインフルエンサーやユーチューバーはいいのですが、情報業界(インターネットビジネス)などで高額塾の運営や販売をしていた人達が昨年の後半から今年にかけて一気に仮想通貨業界(特にICOの紹介や仮想通貨関連のオンラインサロンやコミュニティー)に参入してきて、様々なプロダクト・ローンチを仕掛けてきています。

この人達の紹介するICOやサロンで大きな利益を生めればいいのですが、9割以上は大損しているのが現状で中にはICOでビットコインやイーサリアムを送ったのにコインを送ってこない!ICO価格の2倍や3倍で販売している!ハイプに誘導している!などなど多くの問題が起きているのが現状です。

こちらのサイトに色々と詳しく書かれています。

https://hajihaji-lemon.com/bitcoin/scam-list/

情報業界もそうですが、仮想通貨業界も法整備が整っていなくて良くも悪くもグレーゾーンが多いので情報弱者を食い物にしてきた情報業界の人達は仮想通貨業界に参入してきても同じ事をしているだけです。

が、情報業界から来た人ではない方で真面目にしっかりとした仮想通貨関連の情報配信やサロンを開催している人もいるので、自分でしっかりと調べたり確認したりしてから仮想通貨業界のインフルエンサーの取捨選択をしましょう!

海外の暗号通貨取引所Sherolexがついに日本上陸!先行者利益を手に入れましょう!

登録はもちろん無料ですし、エアドロップもあり、登録する方には何1つ不利益はないので興味のある方はご確認下さい。