仮想通貨はゴミ!?でもブロックチェーンは凄い!?

仮想通貨市場はまさにビットコインを含む全てといってもおかしくないですが大暴落中でついに下落局面の最終段階のセリングクライマックスが!?との声が多数あり、○○が底だ!ショートだ!ロングだ!もう終わりだ!今が買いだ!などなど様々な意見やコメントが飛びかっていますがビットコインは仮想通貨の基盤技術であるブロックチェーン技術は世界で認められつつあります。(ブロックチェーンが認められたからといってビットコインや仮想通貨の価格があがるとは限りません)

以前からビットコインや仮想通貨はゴミでもブロックチェーン技術は世界を変えるという意見はあり、仮想通貨は認めないけどブロックチェーンは認めている人も多数います。

ブロックチェーンの技術の適用範囲は仮想通貨だけではなく、金融商品や不動産や医療や様々な製品の取引きや所有者が異なる産業機器間の情報伝達など幅広く使われる可能性があり、特徴としては「仲介者が不要」「認識とトレーサビリティ」「自動化」の3つの活用方法により、ビジネスを進める上で非効率だったところが大幅に縮小、あるいは解消するといった可能性があります。

過去に書いたブロックチェーンや仮想通貨業界の基本となる記事になります。

仮想通貨の技術の根本にあるブロックチェーンというのがあります。仮想通貨は未来...
仮想通貨に投資をするなら基本だけでもしっておく必要があるマイニング。...
どんな投資商品にもいえることですが、投資をするなら自分なりのルールを決める事が大事に...

そのような可能性の実現を考えて、金融の国であるシンガポールはブロックチェーン技術を使用したスマートシティの実現に向けて様々な取り組みを開始していたり、政府が所有する投資会社Temasek Holdingsでも、今後長期的なトレンドになると予想されている人工知能および、ブロックチェーン技術という2つの分野に特化した新しいチームが編成されることが明らかになっています。

また欧州では、EUの政策執行機関である欧州委員会(EC)は、多くの主要銀行と提携して、来年度から新しくブロックチェーン発展のための協会を発足すると発表して、この革新的なテクノロジーをどのように活用していくかを焦点にして、今後の発展を促すのが目的で、リップル社の技術であるxCurrentを用いているスペイン最大の商業銀行グループであるサンタンデール銀行も参加銀行の1つと言われています。

他にも様々な国や機関でブロックチェーンの活用の実験や研究は行われているので、ブロックチェーン技術の凄さは間違いないと思うので、様々な生活の場で活用されるようになったらビットコインや仮想通貨にもその恩恵があるといいと思っています。

海外の暗号通貨取引所Sherolexがついに日本上陸!先行者利益を手に入れましょう!

登録はもちろん無料ですし、エアドロップもあり、登録する方には何1つ不利益はないので興味のある方はご確認下さい。