仮想通貨(暗号資産)であるイーサリアム(ETH)の魅力とは!?

仮想通貨に詳しくない人は今でも仮想通貨=ビットコインのみ!

という人もいますが、ビットコイン以外にも数多くの仮想通貨があります。

現在は時価総額2位であるイーサリアム。

昨年は仮想通貨市場の爆発的な拡大からのICOブームが起きて、ICOで使用されるイーサリアムの価格も大暴騰しましたが、今年は仮想通貨市場が日本でのコインチェック事件などで大規模ハッキングに対する懸念や投資家保護の不備やインサイダー疑惑や価格操作疑惑などなどの問題点が一気に噴き出して、各国で規制や法整備が行われ相場は大きく冷え込んでしまいイーサリアムの価格も大暴落してしまいました。

その影響もあり、ICOをして上場してきたコインがICO割れの大暴落が多く起きるようになり、ICOでの資金調達額もピークから大きく減少し、ICOをしても資金が全く集まらないプロジェクトも多くでてくるようになってしまいました。

が、イーサリアムにはスマートコントラクトという技術やイーサリアム企業連合や4段階のアップデートのまだ途中であるなど今後も大きな可能性があり、相場が回復してきたら価格も大きく上昇していく可能性が高い仮想通貨だと自分は思っています。

スマートコントラクトとは、よく「賢い契約」や「契約の自動化」と呼ばれますが、特徴は取引時にあらかじめ設定しておいたプログラムを自動的に実行するという事です。

メリットとしては仲介者や第3者を通さないで契約ができるという事で、「◯◯されたら、◯◯する」ということを自動的に実現する仕組みなのです。

イーサリアムのブロックチェーン上に契約の細かい条件や履行内容、取引の執行条件などをプログラムすることができる機能と言えます。

このスマートコントラクトによって大幅なコストの削減や契約のスピードアップなどができるとして注目され大企業がイーサリアムの技術に注目しています。

それがイーサリアム企業連合(EEA)と呼ばれ、マイクロソフト、インテル、JPモルガン、マスターカードなどのアメリカのITや金融の大手企業。

日本企業だとトヨタ自動車、三菱UFJフィナンシャル、NTTデータ、KDDIなど2018年にも続々と企業が加盟するようになり、現在その総加盟企業数は200を超えています

簡単にいうとイーサリアム企業連合はビジネスレベルで、スマートコントラクトの仕組みを活用できるように考えて創設されてから今では200以上の有名大企業が名前を連ねていて、イーサリアムの将来に期待できると自分は思います。

イーサリアムの特徴として最初からハードフォーク(アップデート)を4段階で行うように開発された事があります。

これを実施する目的はいくつもありますが、主にセキュリティの強化、マイニング方法の変更、取引速度の向上を目指していて、どんどん技術が進化していく事になります。

1段階目: Frontier(フロンティア)

2段階目: Homestead(ホームステッド)

は終わり、今は3段階目: Metropolis(メトロポリス)の前半のByzantium(ビザンティウム)は終わり、後半のConstantinople(コンスタンティノープル)が10月にあるという情報があります。

そして、最後の4段階目: Serenity(セレニティ)が終われば、イーサリアムが完成する予定になっています。

まだ完全に完成していない状況でこの期待なので完成したら大きく盛り上がると自分は思っています。

海外の暗号通貨取引所Sherolexがついに日本上陸!先行者利益を手に入れましょう!

登録はもちろん無料ですし、エアドロップもあり、登録する方には何1つ不利益はないので興味のある方はご確認下さい。