仮想通貨取引所Bakktへの期待!

2018年のビットコインや仮想通貨(暗号資産)市場が暴落時の年にビットコインのETF承認よりも好ファンダと大きな期待感があったアメリカの仮想通貨であるBakkt。

オープンが延期!延期!と何度も遅れましたがここにきてようやく目処が立ってきたようです。

米仮想通貨プラットフォーム・カストディアン『Bakkt』が、現物先渡しビットコイン取引を今四半期に開始できるように準備を進めているとした第二の証言が公開されました。

ちなみに、Bakktはニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社Intercontinental Exchange(ICE)が2018年8月に設立した取引所で、今月の23日に「ユーザー受け入れ・ビットコイン現物先渡し先物取引のテスト(UAT)」を開始しています。

過去に書いたBakktや海外の仮想通貨取引所に関する様々な情報を書いた記事になります。

2019年の4月2日に急騰して200日移動平均線を突破してから一気に上昇した...
仮想通貨(暗号資産)が暴落していた2018年の最高のファンダ情報とも言われたのは仮想...
2018年はビットコインや仮想通貨(暗号資産)市場は1年をかけての長期下落相場にはな...

2018/8/3ICEが発表、スターバックスやマイクロソフトも参画
2018/9/19米国外でもビットコイン先物提供を計画
2018/9/25ビットコインの現物受渡し先物取引のペアを紹介
2018/11/21ビットコイン先物は12月12日に取引開始予定と公式発表も延期に
2019/1/15Bakktが初の企業買収へ
2019/1/23東京含む主要都市で求人募集を開始
2019/2/8Bakktの偽サイトが出現
2019/3/30新経営陣発表 NYSEの理事長やソフトバンク傘下のファンド幹部が加わる
2019/4/12スターバックスと、仮想通貨決済領域へ本腰
2019/7/19Bakktの正式ローンチ見込み、7月〜9月
2019/7/23ビットコイン先物のテストを正式に開始

2019年のビットコインの上昇はアメリカ人が中心でドルの流入が多かったのは事実です。

ここにきてBakktがオープンとなれば、来年のビットコインの半減期やある調査では、アメリカ人の投資人口を6300万人との前提で算出した場合、潜在的に2100万人以上の投資家が仮想通貨(暗号資産)市場に参入する可能性があることを示唆していると見られています。

仮想通貨(暗号資産)業界はフェイスブックのリブラやテザー問題など大きな問題もありながらも大企業の参入も相次いでいます。

どう捉えるかは人によりますが大きな可能性があるのは事実だと思います。

海外の暗号通貨取引所Sherolex(シェロレックス)がついに日本上陸!先行者利益を手に入れましょう!

登録はもちろん無料ですし、エアドロップもあり、登録する方には何1つ不利益はないので興味のある方はご確認下さい。