どんどん前に進む仮想通貨取引所バイナンス

2017年の半ばにローンチしてあっという間に世界一の取引高を誇る仮想通貨取引所に成長したバイナンス。

CEOのCZ氏のキャラクターも1つの要因かもしれませんが、とにかく日本の仮想通貨取引所などとは違い動きが早くリスクを取る動きも良くも悪くも素早く決断が早いという特徴もあるのかもしれません。

少し前にバイナンスはアメリカへ正式に進出しましたが、上場しているコインも少しづつ増やしながら取引高も順調に増えているようで、24時間で1000万ドルを超え過去最高値を記録したようです。

一時期は日本に拠点を置こうとした時期もありましたが、コインチェックのハッキングもあり金融庁が認めるどころか警告を出して追い出す結果になってしまったのが自分は大きな損失だと思います。

そのバイナンスは中国の国家主席の発言で一気に仮想通貨(暗号資産)というかブロックチェーン業界に熱い視線が注がれている中で新しい発表を行いました。

過去に書いた世界一になった仮想通貨取引所であるバイナンスの様々な情報になります。

栄枯盛衰が激しい仮想通貨(暗号資産)業界で2017年の半ばにローンチされてあっという...
2017年の仮想通貨(暗号資産)ブームやバブルの真っ最中にローンチされた仮想...
2017年の仮想通貨(暗号資産)ブームやバブルの時期の夏に誕生した仮想通貨取引所であ...

バイナンスはアプリを介してですが、中国利用者向けのP2P取引を有効にしたことを発表しました。

最近のビットコインの大暴騰は中国人のチャイナマネーの影響が大きいのは間違いないのでこのまま中国人も取り込もうとしている気がします。

基本的に中国ではICOは禁止でビットコインなどは仮想通貨取引所のサービスによる取引は禁止されていますが、中国人の多くは、OTCなどのP2P取引サービスを通じて仮想通貨(暗号資産)と法定通貨の取引を行なっているのが実情です。

バイナンスは今年の10月頭に中国人民元(CNY)建てのOTC取引を開始したと発表がありましたが、AlipayとWeChatPayが人民元決済サービス提供を公式否定するなどして混乱も招いたりもしていましたが、大きな一歩をまたバイナンスは歩んだと思います。

また、バイナンスは数ヶ月前、新たに開始したビットコイン先物取引もサービス開始1ヶ月ほどでビットコイン24時間出来高が世界4位に達し、堅調な成長率を維持していて、3位に位置する日本の仮想通貨取引所であるbitFlyerに続く順位に位置していて抜かすのも時間の問題だと思います。

そして、独自の先物取引所Binance Futuresのアンドロイド版専用アプリは今週中にリリースする予定で、iOS版も開発中で過去の実績からバイナンスは利用者から大きな信頼があるのだと思います。

海外の暗号通貨取引所Sherolex(シェロレックス)がついに日本上陸!先行者利益を手に入れましょう!

登録はもちろん無料ですし、エアドロップもあり、登録する方には何1つ不利益はないので興味のある方はご確認下さい。