自分が好きな人物であるチェ・ゲバラの「Hasta la victoria siempre 」

Hasta la victoria siempre

「アスタ・ラ・ヴィクトリア・シエンプレ」は、チェ・ゲバラの革命標語でスペイン語です。

家族へあてた手紙の最後に書かれいて、 ゲバラの娘アレイダによるとその意味は下記の通り。

“No vorveria a Cuba hasta la victria,pero en mi siempre , ‘patroia o muerte,venceremos’

ノ・ボルベリア・ア・クーバ・アスタ・ラ・ヴィクトリア、 ペロ・エン・ミ・シエンプレ、「パトリオ・オ・ムエルテ、ヴェンセレモス」

私は勝利するまでキューバには戻らない。

だが、いつも私の心には 「祖国か死か、勝利するのだ」の意味がある。

と書いたのが「アスタ・ラ・ヴィクトリア・シエンプレ」に縮められた。

自分的には「勝利よ!いつまでも!!」や{勝利よ!永遠に!!」と捉えていて自分の会社名にもある部分を使っています。

過去に書いた様々な世界情勢に関する記事になります。

日本の北朝鮮に対するメディアの報道は自国の安倍総理や同盟国のトランプ大統領よりも多い...
暗号資産(仮想通貨)市場は世界経済(ようは株式市場)や為替などには左右されない!みた...
国際社会は正義か金か!?サウジアラビアの反体制派のカショギ氏の暗...

自分が思うにゲバラは、ゲバラを知る世界中の多くの人々にとって自分たちの「代理の革命家」です。

ゲバラが生きていたらならばこのように行動したはずだと想像をたくましくしても誰も(自分も)行動はできない。

そこで理想の行動を、なおもゲバラに託し代行してもらおうとする。

こうしてゲバラは「存在する不在」「不在なる存在」でありつづける。

ゲバラの生涯を「ただの長旅だったように思える」と評した人もいます。

ただの長旅から生まれた革命家は、ロマンと激動の時代だった 20世紀第三・四半期に精一杯戦って死に、「不滅の革命家」になりました。

そのゲバラが発しつづけている究極のメッセージは「見果てぬ夢を見よう」 ということだと自分は思っています。

アナザーストーリーズ 運命の分岐点「革命家チェ・ゲバラが見た夢」2018年5月1日

飾ることなく、つつみ隠しもせず、肌で感じると同じくらいむき出しにして、過ぎゆく年月が風化するのを拒むかのように激しい筆で、その瞬間の思いを固定した。

ゲバラには欠点もあったが、それを上回るカリスマ性、無邪気と紙一重の理想主義者であり、精神的蜂起の体現者だった。

ゲバラには劣等感もなかったし、体裁など気にかけなかった。

ただ、すべての人間は尊厳を保つ権利があると考え、硬直化したあらゆる思想に反旗を翻し、この世界において、闘争精神の高揚こそが唯一の答えだと信じ、それが生きることの証だと考えた。

海外の暗号通貨取引所Sherolex(シェロレックス)がついに日本上陸!先行者利益を手に入れましょう!

登録はもちろん無料ですし、エアドロップもあり、登録する方には何1つ不利益はないので興味のある方はご確認下さい。