20年後にはビットコインが現在のGAFAになれるのか!?

ある本屋での2019年のビジネス書ランキングの1位はGAFAか。(ちなみにGAFAとはグーグル・アップル。フェイスブック・アマゾンの事です)

こういう本が1位となるなら一旦は株価とかはピークなのかもしれないけどこの4社は20年で世界を変えた企業というのは間違いないかと。

20年前はITやネットは怪しいと思われていたけど今では必須になってITやネットが無ければ仕事もできない状況になっていて、この4社は時価総額だと世界のトップクラスに成長しました。

20年前とかだと製造業の大手や金融機関の大手や石油関係の大手が時価総額のトップにいましたがあっという間にIT企業が抜き去りました。

当時はIT革命という本や言葉もありましたが、間違いなく革命を起こしたし、それを信じた人は今頃は大金持ちになっているかもしれません。

過去に書いたビットコインや仮想通貨(暗号資産)について書いた様々な記事になります。

イーサリアムは延期されていた大幅なアップデート(ハードフォーク)であるコンスタンチノ...
2017年の日本国内のビットコインや仮想通貨(暗号資産)バブルの要因は2017年4月...
20年前にはまだ存在していなかったフェイスブック。他の3社もまだまだ一般人に...

今から上記の4社に投資をするなら押し目や経済危機を待ってからがいいかと思いますが、今から20年後にこの4社になるようなのを探した方が面白いと思うので、20年後にこの4社みたいになるのは何だと思う!?

みたいな話になってビットコインや仮想通貨(暗号資産)がこうなると投資してる側だといいよね!

仮想通貨(暗号資産)はダメでブロックチェーンの技術だけで、何かしらのブロックチェーン企業かも!?

いや!多くの仮想通貨(暗号資産)は無価値になるだろうけど、ビットコインはライトニングネットワークが実装されてからが勝負だろうし、イーサリアムは既にブロックチェーンアプリで使われてるから実需の拡大やセレニティがまだあるし、リップルも最近はまだ小さいけど金融機関が送金で使い出したからこの辺りは大きなチャンスがあるのでは!?

他にもリスクやネムとかとにかく開発をしっかりしていてコミュニティがしっかりしてて情報配信をしっかりしているのは生き残るかも!?

でも将来的に量子コンピュータが出てきたらどうなるかな!?

みたいなマジメな話をして移動してたら卒業式シーズンなのか?

刺繍ラン姿の人をチラホラ見かける。

今の時代の刺繍ランとかはハロウィンの人気でコスプレ感覚だろうけど自分達の頃の刺繍ランはそんな時代ではなかったな。

これも20年という歳月か、、、。(笑)

20年後には刺繍ランは見かけなくなってもいいので、ビットコインや仮想通貨(暗号資産)が社会生活の1つとして浸透や普及している事を期待して今は投資をするのが1つの楽しみです。

海外の暗号通貨取引所Sherolex(シェロレックス)がついに日本上陸!先行者利益を手に入れましょう!

登録はもちろん無料ですし、エアドロップもあり、登録する方には何1つ不利益はないので興味のある方はご確認下さい。