ロスチャイルド一族とロックフェラー一族

ユダヤフリーメーソン その2

世の中にはユダヤフリーメーソンという組織があり、その組織が世界の戦争や世界の経済を意のままに自由に操っているという説があります。

アメリカはその組織のもっとも忠実な手下であり、表で世界を支配していますが、裏はこ
のユダヤフリーメーソンが全てを支配しているとも言われています。

アメリカ初代大統領のジョージ・ワシントンは、大統領になった時、アメリカのフリーメ
ーソンの支部長をしていた。

大統領になるやいなや、すぐに連邦議会の行政機関として、国務、財務、陸軍、司法の四省を設け、その国務長官にトーマス・ジェファーソン、財務長官にアレクサンダー・ハミルトン、陸軍長官にヘンリー・ノックス、司法長官にエドモンド・ランドル、副大統領にジョン・アダムスが任命されたのが歴史の事実。

その全員がフリーメーソンの会員だった。

ワシントン元大統領に至っては、公式の式典などにもフリーメーソンの儀礼式礼服を着て、出席した事もある。

過去に書いたユダヤフリーメーソンに関する記事になります。

ユダヤフリーメーソンの記事は、全てが真実である!とは、さすがに言えませんが、本当に実...

ユダヤフリーメーソンの中でも、ロスチャイルド一族やロックフェラー一族だけは有名で、名
が知れています。

ロスチャイルド一族は世界の中央銀行やメディアを支配。

ようはお金と情報の全てを支配しています。

知らないと思いますが、ロスチャイルド金融が中央銀行として支配 ”していない” 国は、イラン、北朝鮮、シリア、スーダン、キューバの5国のみ。

キューバを除き、いまの軍事的緊張を考えてみれば、様々な意図が見えてきます。日本はもちろん、アメリカやヨーロッパの中央銀行もロスチャイルドの支配を多かれ少なかれ受けています。

ロックフェラー一族はユダヤ人では無いのですが、ユダヤ人と血縁関係を結んで仲間に入りま
した。

何故?仲間になれたのか?といえば、世界の軍事産業を支配しているからです。

世界の金融とメディア(情報)と軍事の3本をこの2つの一族が支配し、この一族がユダ
ヤフリーメーソンに参加しているので、世界はユダヤフリーメーソンが支配しているとい
っても過言ではありません。

ユダヤフリーメーソンのスタートはまだ、アメリカが建国される前のヨーロッパからスタ
ートしていて、ロスチャイルド一族が一気に力を得たのはナポレオン時代で、ナポレオンがワーテルローの戦いでイギリスに負けて、賠償金をイギリスに払う為に、ロスチャイルド一族がパリ中央銀行の設立を認めた。

この時、ロスチャイルド一族はイギリスにもパリの両方で活動し、両方の国から莫大な利益を上げました!当時から情報網も支配するロスチャイルド一族はイギリスが大勝利をした情報を1番に知るのですが、その情報を知りながら、イギリスの国債を市場で売りまくります。

情報網を支配するロスチャイルド一族がイギリス国債を売りまくるのを見た他の富裕層はイギリスは戦争に負けた!と思い込み、イギリス国債を売りまくります。

そして、イギリス国債が大暴落した底値で、再び、ロスチャイルド一族が、全力で国債を買い戻し、莫大な利益を上げた話は非常に有名です。

その3に続く。

海外の暗号通貨取引所Sherolexがついに日本上陸!先行者利益を手に入れましょう!

登録はもちろん無料ですし、エアドロップもあり、登録する方には何1つ不利益はないので興味のある方はご確認下さい。