国際社会は正義か!?金か!?サウジアラビア問題。

国際社会は正義か金か!?

サウジアラビアの反体制派のカショギ氏の暗殺!?事件は日本でも連日報道されている。

トルコのエルドアン大統領は23日に真相を発表すると数日前に発言して演説で「計画的殺人」と断じ、サウジ側に一層の真相解明を求めた。疑惑が報じられるサウジのムハンマド皇太子については言及せず、関与を否定するサウジ王室の顔を立てた形で、「ありのままの事実」を明らかにすると予告していたが、トルコの捜査当局がカショギ氏殺害時の音声記録を入手しているなどと報じられているが、エルドアン大統領はそうした詳細な殺害場面などの説明はしなかった。

ほぼ間違いなくサウジの皇太子は裏にいると思うけど、もし違うなら皇太子になる為の権力争いでかなり強引にやったから恨まれて嵌められた可能性もあるけどこの可能性はかなり低いかと。

トルコは間違いなく事件の真相をかなり前から掴んでるかと。

トランプ大統領がサウジ擁護の発言をしたらサウジが悪い!みたいな情報を小出しに出してくる。

アメリカとサウジは同盟国。

とりあえず、エルドアン大統領は正義感から真相を発表するよりもサウジとアメリカから譲歩として簡単に言えば金を出せ!っと時間をかけて情報を小出しにして国際世論を操作して金の約束が裏で成立したらサウジの皇太子には被害がないようにうやむやに発表した感じで、この譲歩に関しては今も水面下で進んでいる可能性が高い。

そうじゃないならわざわざ23日に発表する発言や情報を小出しにする理由は見当たらない。

逆にマジで真相を発表したらサウジやアメリカは譲歩をしないで正義を優先したとなるけどまぁこの可能性はほぼ無いかと。

サウジの皇太子が失脚したらサウジは混乱でアメリカもオバマ大統領ならまだしもトランプ大統領は商売優先かと。

サウジは国王制という名の独裁国家。

石油の恩恵で国民には豊かな生活を保障するから忠誠を誓え!で報道の自由はない。

アメリカはサウジには石油があるから人権問題や独裁とか色々と目をつむって同盟して武器も売れるから金儲けできる。

この報道は確かカタールのアルジャジーラからでカタールとサウジの関係は悪い。

中東の覇権争いもあるはず。

サウジがぶち切れて石油という武器を使えば原油価格が乱高下して世界経済に影響あり。

サウジの政府系ファンドはアメリカも含めて世界中に投資してるはず。

欧州はサウジを批判してるけど、中東の様々な問題は第一次や第二次世界対戦の時の欧州の植民地政策の影響が多いはず。

まだまだ色々とあるけど政治家の駆け引きは何でも基本はヤクザやマフィアのような駆け引きと同じで、カショギ氏の暗殺を心から悲しんでいる人はいないのだろう。

世の中はダブルスタンダードが当たり前で、表に出てこない事や真実が一般人には分からないように闇に葬られる事はたくさんあります。

良い悪いは別としてこれが国際社会や国際政治や政治家がやっていうことだと理解して様々な出来事を見ていく視点は必要だと思います。

海外の暗号通貨取引所Sherolexがついに日本上陸!先行者利益を手に入れましょう!

登録はもちろん無料ですし、エアドロップもあり、登録する方には何1つ不利益はないので興味のある方はご確認下さい。