金融危機が起きると仮想通貨(暗号資産)に資金は流れるのか!?

最近は、ダウが連日謎の大暴落を記録しているので日経平均も大暴落したりしました。

なぜ謎なのか?と言えば、足元の景気は良好、企業業績も良好、悲観材料がこれと言って存在しない中での暴落となっているからです。 (利上げやホワイトハウスのバタバタはありますが)

これは、リーマン・ショックを上回る下落であり、もはや大暴落と言っても差し支えないでしょう。

仮想通貨(暗号資産)市場は回復傾向にありましたが、24日のダウの暴落で下落してしまい、25日の日経平均の暴落でも大きく下落してしまい、世界同時株安に同調するように価格を下げていますがこれは10月に株式市場が暴落した日もビットコインは大きく値を下げたので何かしらの連動性があるのかもしれません。

過去書いた世界経済や金融危機などに関する記事になります。

世界の金融市場が不安定化しています。来年以降の先行き経済に対する...
仮想通貨(暗号資産)は誕生してまだ10年程度ですが、株式市場は遥かに長い期間...
久しぶりに世界同時株安がありました。今回の世界同時株安はアメリカの長...

が、前回や今回のように数日の暴落ではなく、本格的な金融危機が起きた場合は完全に経済が下落トレンドに転じて株価は大きく値を下げますがその場合は株式から逃げた資金はどこに移動するのか!?

世界経済が下落の局面ではいわゆる安全資産の買いが進むので、基本的には有事の金と呼ばれる金(ゴールド)や日本円になる事が多いです。

日本円は世界からはまだまだ信用されているようでこういったシーンでは円高が進む事が多く現に今回も円高が進みました。(日本の借金の多くは日本人の預金で補填できるのと海外からの借金は少ないからで、簡単にいうと親が子供から借金しているような感じで最悪は帳消しにする事も可能)

自分的にはこれからはここに仮想通貨(暗号資産)特にビットコインが含まれてくるのでは!?と考えています。

本格的な金融危機が起きた場合は破綻するような国も出てきます。

リーマン・ショックの時は震源地のアメリカではなく欧州のギリシャやスペインやイタリアやポルトガルなどの欧州の国々が破綻するのか!?となり、特にギリシャが話題になりましたが、破綻したのはキプロスで、キプロスショックが起こった時にはビットコインの価格は急騰したので、ビットコインをここで知った人も多いと思います。

24時間365日スマホ一つで持ち運べる資産と言うのは10年前のリーマン・ショック時には存在していなく、現在もなかなかありませんし自国通貨の信用不安からもビットコインを買う流れはあると思います。(最近ではアルゼンチンやトルコの通貨危機時に一時的に増えました)

こればっかりはあくまでも自分の予想や希望になってしまいますが、次の金融危機が起きた時に仮想通貨(暗号資産)に資金が流れてくるのか!?はこの市場の将来性を占う1つの指標にもなると自分は思っています。

海外の暗号通貨取引所Sherolexがついに日本上陸!先行者利益を手に入れましょう!

登録はもちろん無料ですし、エアドロップもあり、登録する方には何1つ不利益はないので興味のある方はご確認下さい。