2019年の期待度1位の仮想通貨はやはりリップル!?

2018年も終わろうとしているので、自分は既に仮想通貨(暗号資産)市場の来年の動きに注目していて前から書いていますが、来年は好ファンダが多くあるので相場転換して上昇していく可能性が高いと思っています。

なんだかんだまだビットコインが基軸なので、ビットコインの価格の回復が1番大事ですが、今年に大きく下落したイーサリアムやハードフォークで騒動を起こしたビットコインキャッシュも期待しています。

が、その中で自分が1番期待している仮想通貨は日本人も大好きなリップルで、仮想通貨に投資をしているならポートフォリオの1つに絶対に入れておくべき仮想通貨だと思っています。

好ファンダがでてもなかなか価格が上がらないのがリップルですが、年末にも来年に向けていくつもいい情報が出ていました。

過去に書いたリップルに関する記事になります。

11月中ごろからのビットコインの大暴落で一時的に価格が上昇し強い動きを見せたリップルでしたが...
数年前は価格は1円以下で、リップル社という企業がリップルをコントロールしているので非中央集権...
ビットコインの三角持ち合いから世界同時株安の影響もあってか!?ビットコインは価格は下げました...

いくつかの仮想通貨取引所がリップルを基軸に採用していましたが、世界一の取引所であるバイナンスにも噂はあり、期待感が高まっていた(リップル基軸の通貨ペアが、バイナンスに上場することが正式に発表されました。

バイナンスにXRP(リップル)基軸が追加された。何が凄いのかを説明します。

また、リップルは新たに分散型取引所CryptoBridgeへ上場したと発表されましたが、これが大きなニュースなのは分散型取引所に上場したという点にあります。

ソーシャルメディア上で行われた「2019年に向けた仮想通貨の投機視点のアンケート」では、海外投資家を中心とした3500人以上から回答があり、リップルが70%を超える支持を受け、期待感が最も高い事が明らかになり、2位がビットコインで3位がイーサリアムでした。

リップルの2018年の好ファンダ。

2017年以降、時価総額ランキング2位を維持、2017年以降最長記録

企業向けのXRP売上高が500%以上急増。

英比較サイトFinderが、来年におけるXRPの相場高騰率を300%以上上昇と予測。

米大手仮想通貨取引所CoinbaseがXRPを同社機関投資家向けのカストディサービスに追加し、リップルを調査し、上場を検討中。

来年Q1に機関投資家向けの仮想通貨取引サービスを予定している世界有数の資産管理企業フィデリティが、リップルの取引提供を目論む。

世界最大の仮想通貨取引所バイナンスはリップルを基軸通貨として取引ペアを開始すると発表。

いい情報ばかりですが、1つだけ気がかりなのが各国の法整備が遅れている状況からxRapidを含むリップルネット、デジタルアセットXRPの利用現状と展望を発表しましたが、xRapidは銀行に使用されていないと説明がありました。

ここでも問題は仮想通貨(暗号遺産)に対する法整備の遅れですが、リップルと提携や協力する企業や金融機関は増えているので自分もリップルは楽しみに保有していいます。

海外の暗号通貨取引所Sherolexがついに日本上陸!先行者利益を手に入れましょう!

登録はもちろん無料ですし、エアドロップもあり、登録する方には何1つ不利益はないので興味のある方はご確認下さい。