リップル(XRP)の価格上昇はいつまで我慢が必要か!?

日本人に1番人気がある仮想通貨(暗号資産)であるリップル。

この業界に5年以上前とかから投資をしている人はビットコインに1番期待している人が多いような気がします。

2016年や2017年くらいからこの業界に投資をしている人はビットコインも保有しながらもアルトコインであるイーサリアムやネムやリスクなども保有している人がいますが、1番人気はリップルになります。

この時期はアルトコインバブルが起きていたこともあり、このバブルを経験した人はリップルなどアルトコインが好きな人が多い気がします。

2017年はビットコインは10倍以上になりましたが、リップルなどは100倍以上になりました。

上昇率がビットコインよりもアルトコインの方が大きかったのでその上昇の期待が今もあるのだと思います。

過去に書いたリップル(XRP)に関する様々な記事になります。

どの仮想通貨(暗号資産)よりも好ファンダ情報を出しているのに価格の上昇がついてこない...
少し前にリップルがマネーグラムを買収!?提携!?みたいな噂がありましたが、ここにきて...
仮想通貨(暗号資産)の王様であるビットコイン以外のアルトコインの中でイーサリアムと時...

最近はツイッターなどではビットコインを推す人達とリップルを推すリップラーとで激しい議論が起きたりしていますが、自分としてはどちらも価格が上がればいいと思います。

最近はビットコインの価格は上げてもリップルはなかなか上がらない。

ビットコイン建てではかなり厳しいチャートであり、色々とリップル社の売り圧なども話題になりました。

その中で、アメリカの送金大手MoneyGramが、xRapidの利用を開始していたことを決算報告書内で明言しました。

ちなみに、マネーグラムは200ヶ国を超える地域に外国送金サービスを提供、およそ35万拠点への送金を可能にしている世界の5大送金企業の一角になりますが株価を見ると低迷している事実もあります。

リップル社の決済システムxRapidを使うことで利益がアップすると期待していると述べて、リップル社の決済システムxRapidは他社でも多く使われており今後も増えていくだろうとの事。

これからリップルを使って国際送金をしていく!という事ですが、価格は無風。

リップル社に関しては、マネーグラム以外の世界的な送金企業と提携はしていますし、少しづつリップル社の決済システムxRapidを使う金融機関も増えてきています。

リップル社がリップルを使ってやりたい事は進んでいますが、価格はなかなか上がらないというジレンマは相変わらずです。

ツイッターを見ているとリップルへの否定的な意見やリップラーからも失望しつつある声も聞こえてきます。

価格が上がるのはこういう否定がピークをむかえた時とも言われるので11月のSWELLもあるので価格がどうなるのか!?注目したいと思います。

海外の暗号通貨取引所Sherolex(シェロレックス)がついに日本上陸!先行者利益を手に入れましょう!

登録はもちろん無料ですし、エアドロップもあり、登録する方には何1つ不利益はないので興味のある方はご確認下さい。