リップル(XRP)はもう終わりなのか!?

仮想通貨(暗号資産)業界にはto the moon という言葉があります。

簡単に言えば価格が爆上げして月に向かう!みたいな意味があるようで、2017年の国内では仮想通貨元年と呼ばれて、ビットコインやアルトコインや草コインなどほぼ全ての仮想通貨(暗号資産)が爆発的に暴騰した年にはよく使われる言葉でした。

ですが2018年の長期下落相場からto the moon という言葉を聞く回数は減り続け、今ではto the moon というような爆上げを見ることはなくなりました。

2017年の時のような朝起きたら価格が2倍とかになるような事が当時はありましたが、2018年から仮想通貨(暗号資産)に投資をした人は経験をした事が無い人がほとんどだと思います。

このto the moon という言葉を作ったのはリップルの爆上げと言われていて、リップルはほとんどヨコヨコか下落のチャートですが、上がる時は信じられない勢いで上昇をするのが特徴で、2017年の時は日本人や韓国人に好まれた仮想通貨(暗号資産)でした。

過去に書いたリップル(XRP)に関する様々な記事になります。

2019年の4月頭からビットコインの価格は大きく上昇しました。日本円...
仮想通貨(暗号資産)の王様はビットコインですが、それ以外のコインを称してアルトコイン...
日本人に1番人気がある仮想通貨(暗号資産)であるリップル。この業界に5年以上...

今でも日本人はビットコインよりもリップルを保有している人が多いとも言われています。

が、そのリップルはもう駄目なのではないか!?という声がツイッターなどで聞かれるようになりました。

ビットコインとリップルのどちらがいいのか!?みたいな議論がよく見られるようになりました。

自分的には未来は分からないので、最高の結果としてはビットコインもリップルも価格が上がってどちらのコインを持っていても利益が出る事が最高だとは思います。

ちなみにリップルに関する批判は、昔からある証券化の問題や運営や寄付した先の巨大な売り圧に関する事になります。

他にもいくつかありますが、この2つがなんだかんだ最大の問題だと思います。

この2つに関してリップルのCEOが異例の意見を発表しました。

リップルの有価証券問題をめぐる米国の裁判については、集団訴訟の被告側の立場として、詳細は語らないとしつつも、9月19日までに会社から対応が発表されると言及。「SECの仮想通貨ICOガイダンスは法律ではない。明らかにXRPは有価証券に該当せず、UKの規制当局も有価証券ではないと判断している。」と強調しました。

売り圧に関しては、リップルの販売はXRPの有用性を促進するもので、リップルネットの構築や、XRPを利用する企業DharmaやForteの事業を支援する。

リップル社は四半期ごとに、リップルの売却量を減らしている。

ビットコインとイーサリアムのインフレ率に比べ、リップルのインフレ率は減少傾向にある。

と、反論しましたが、最高の反論はリップルの価格が上がる事だと思うので、秋にあるSWELLへの期待が高まると思いますし、このSWELLが駄目なら失望売りがある可能性もあります。

ただ、2017年もリップルは多くの人から批判や否定されてから価格が一気に上がったのも事実なので、次の上昇も同じようになってからだ!という意見もあります。

価格については誰にも分かりませんが、現在の投資家が誰もが喜ぶ過去に最高値をビットコインやメジャーアルトコインが超える日が来るのを自分は期待したいと思います。

海外の暗号通貨取引所Sherolex(シェロレックス)がついに日本上陸!先行者利益を手に入れましょう!

登録はもちろん無料ですし、エアドロップもあり、登録する方には何1つ不利益はないので興味のある方はご確認下さい。