リップル(XRP)のSWELLとは、「巨大な波(XRP革命の大きさ)」

日本人に大人気の仮想通貨リップルを開発&運営するリップル社が主催する年に1度の大イベント(カンファレンス)であるSWELL開催まで1ヶ月を切ってきました。

好ファンダを出してもそれが価格の上昇になかなかつながらないのがリップルの1つの大きな特徴になりますが、良くも悪くも急騰時の爆発力は誰もが認めるメジャーアルトコインでもあります。

昨年も一昨年もSWELL前に関しては価格を大きく上げた実績があります。(開催されると価格は下げたので期待で買い事実で売る!という投資の格言が当てはまりました)

その為、今年もSWELL開催日が1ヶ月を切ってきたので価格への期待の声があえい、現在は30円前後ですが50円くらいは一時的にでも突破しないか!?という声があります。

また、上手く売り買いできれば枚数を増やすチャンスとの声もあります。

そのリップルに関しては少し前から好ファンダ情報が出てきていますが、また新しい情報が出てきました。

過去に書いたリップル(XRP)に関する様々な記事になります。

2017年から仮想通貨(暗号資産)であるリップルに投資をしている人ならSWELLの開...
日本人の仮想通貨(暗号資産)投資家の中ではビットコインよりも人気があり、保有者が多い...
仮想通貨(暗号資産)業界にはto the moon という言葉があります。...

アメリカの大手銀行バンクオブアメリカが、リップルプロジェクトの責任者募集をlinkedinで締め切ったとの事で、バンクオブアメリカは、金融機関の中でブロックチェーンの特許を最も多く保有してます。

リップル関連プロダクトの管理と今後の成長に向けての能力開発を10項目列挙していて、新規プロダクト開発については、地域のパートナーとリップル関連プロダクトの拡大戦略及び関連ビジネスプランを練るとしています。

ちなみに、SWELLとは、「巨大な波(XRP革命の大きさ)」を意味する用語になります。

今年は、世界有数の金融センターの1つであるシンガポールで、11月7日、8日にかけて開催されます。

日本とシンガポールの時差は「1時間」なので、前回や前々回に比べたらリアルタイムで聞ける人も多いかと思います。

今回は前回や前々回に比べてゲスト講演者などを含めて控えめの感じもありますが、これからの価格の推移や新しい好ファンダとしてサプライズがあるのか!?楽しみにしていきたいと思います。

海外の暗号通貨取引所Sherolex(シェロレックス)がついに日本上陸!先行者利益を手に入れましょう!

登録はもちろん無料ですし、エアドロップもあり、登録する方には何1つ不利益はないので興味のある方はご確認下さい。