リップル(XRP)のCM開始や好ファンダが続々と、、、。

仮想通貨(暗号資産)リップルのカンファレンスであるSWELLまで約2週間。

注目されている価格は円やドルなどの法定通貨はビットコインの下落もあり、32円前後と30円台を回復しましたが再び20円台後半まで下げたりもしています。

が、ビットコイン建てで見ると価格は回復しつつあり、相場転換では!?みたいなチャートをしています。

ビットコインが下落していなければ40円前後まで回復していたかもしれません。

ここ最近はリップルの好ファンダ情報が多いですが、何とリップルのCMが2カ国でスタートするようです。(イギリスとタイという話です。)

リップル(XRP)新たなCMが2ヶ国で放映開始!『認知度がアップ』

こちらはリップル社の公式ツイートです。

過去に書いたリップル(XRP)に関する様々な記事になります。

SWELL前にリップルの価格が上昇しています。このSWELL前にリッ...
日本人に大人気の仮想通貨リップルを開発&運営するリップル社が主催する年に1度の大イベ...
2017年から仮想通貨(暗号資産)であるリップルに投資をしている人ならSWELLの開...

今回放送されたCMでは、様々な場面でスマホを利用し、リップルの送金ソリューションで瞬時に金銭やり取りが完結する国際決済をテーマとしており、開発する仮想通貨リップルを含め、認知度アップが期待されています。

また、リップル社のCEOであるBrad Garlinghouse氏は、ポッドキャスト「Off the Chain」に出演し、週間あたり2社のペースで提携を結んでいると語り、リップル社と提携を結ぶマネーグラム社は、フィリピン・ペソとメキシカン・ペソの送金をしていますが、「送金された取引量のうちの80%のりっ尾売るが、リップル社の製品であるxRapidを利用していた」とも語りました。

この話を裏付けるようにツイートでも、マネーグラムCEOの発言から、ODL(xRapid)に対する需要とリップルに対する信頼が明瞭化されています。

マネーグラム側からは、リップル技術の導入を切望しているようで、ODLのローンチする地域とその実装速度を強化して欲しいとの要請が来ているようです。

またアメリカの首都のワシントンにリップル社は新しいオフィスをかまえました。

ワシントンと言う事はリップル社やリップルは有価証券問題などもあるので政治的にも何かしら動いていこうという感じかもしれません。

他にもビットコイン市場に関する分析や発言で知られるアメリカの著名投資家のTimothy Draper氏が、リップルに関して、爆発的成長前に当たる「嵐の前の静けさだ」と発言したことも分かりました。

相変わらず好ファンダが出てくるリップルですが、日本国内ではCMの開始で一気に仮想通貨(暗号資産)投資が拡大したのでリップル社のCMスタートは大きな影響を与える可能性もありますね。

SWELL前後にまだまだサプライズがあるのか!?

価格はどうなるのか!?

気になりますね!

海外の暗号通貨取引所Sherolex(シェロレックス)がついに日本上陸!先行者利益を手に入れましょう!

登録はもちろん無料ですし、エアドロップもあり、登録する方には何1つ不利益はないので興味のある方はご確認下さい。