仮想通貨投資をするなら知っておきべき基本用語!

投資の世界では株式にもFXにも先物にも様々な専門用語がありますが、仮想通貨にも独特な専門用語があります。

初めて仮想通貨に投資をする人や初心者の方は用語を覚えてから投資をスタートした方が安心だと思います。

数多くの用語があり、技術的な事など難しい言葉もありますが、これだけは覚えておいた方がいいのを簡単に書いてみました。

ICO:Initial Coin Offeringと事で株式ではIPOと同じような意味で、資金調達したい企業や事業プロジェクトが、独自の仮想通貨トーク。

アルトコイン:ビットコイン以外の仮想通貨の事で、イーサリアムやリップルも含まれ、簡単に言えばビットコイン以外の現在ある1500種類以上のコインは全てアルトコインとなる。

イナゴ:銘柄が暴騰してから一斉に飛びつく行為で高値で投資をしてしまう可能性が高い。

ウォレット:仮想通貨を保管するための財布のようなもので、オンラインのホットウォレットとオフラインのコールドウォレットがある。

エアドロップ:少額の仮想通貨を無料で配布したり配る事でコインの認知度上昇など、マーケティングを目的としているケースが多い。

FUD:仮想通貨のネガティブキャンペーンのような感じでフェイクニュースみたいな感じ。

億り人:仮想通貨で含む益も含めて1億以上ある人。

ガチホ:1度購入した仮想通貨が長期的に値上がると考え長期保有する事。

カンファレンス:仮想通貨やブロックチェーンの学術的な会議や研究会、協議会の事。

草コイン:時価総額が低く、仮想通貨投資家の中でも知名度の低いコイン。

satoshi(サトシ):ビットコインの最小の通貨単位。

Scam(スキャム):詐欺、または詐欺コイン。

スマートコントラクト:主にイーサリアムプラットフォームで使われる技術で、ブロックチェーンの記録だけで、自動契約・債務履行までできる技術。

ドミナンス:仮想通貨市場全体におけるビットコインの支配率。

トランザクション:ブロックチェーン上の取引記録のことで現状では取引が増えすぎると混雑する問題が起きる。

ナイアガラ:一気に価格が大暴落する事。

ナカモトサトシ:ビットコインの生みの親とされる人物だが正体は不明。

二段階認証:ハッキングされないように、ログイン時の安全性を高めるための二重パスワード。

burn(バーン):発行されている通貨の何割かを消滅させて、流通量を減らすこと。

ハッキング:仮想通貨を盗む行為。

Pump(パンプ):特定の仮想通貨を煽ることで、意図的に価格を釣り上げる事で Dump(ダンプ)とは、その後に売り抜けること。

フィアット:円やユーロやドルなどの法定通貨。

ブロックチェーン:非中央集権の分散型台帳技術、または分散型ネットワークのことで仮想通貨が生まれる事になった技術。

ホワイトペーパー:ICOなどで新規発行される、仮想通貨のプロジェクトの目的や通貨の用途が書かれていて投資判断に使われる。

マイニング:仮想通貨の取引記録をブロックチェーンに追記する時にスーパーコンピューターを使って膨大な計算をする事。

ムーン:「To the Moon」とも言われ価格が大暴騰する事。

他にも数多くの用語がありますが、最低でも上記の内容を理解していると仮想通貨投資も面白くなるかと思います。

海外の暗号通貨取引所Sherolexがついに日本上陸!先行者利益を手に入れましょう!

登録はもちろん無料ですし、エアドロップもあり、登録する方には何1つ不利益はないので興味のある方はご確認下さい。